設備等標準仕様について

※建物プラン等によっては玄関等変更になる場合があります。

※住宅設備に関しては建築物件により相違する場合があります。


エコジョーズ 【説明1】










エコジョーズ 【浴室暖房乾燥機】










エコジョーズ1







安全・安心のために

不動産がとても高価なのはいうまでもありません。

弊社では、ご購入頂くお客様にとっても一大決心の買物だということを常々意識しております。

だからこそ、安心・安全な住宅を常にご提供できるように日々研鑽しております。

ご購入頂いたお客様には、末永くお住み頂くために、そして建物の品質により安心頂けるために土地から建物完成まで第3者機関の調査・保証等を取得出来る住宅を建築しております。

また、フラット35もしくはフラット35Sについては積極的に適合できる住宅を建築しております。

まずは、簡単に全体の流れをご説明します。

Step1

土地(地盤)

Step2 (地盤調査結果によって)

地盤改良工事

Step3

改良工事後・・・・・地盤保証書発行

Step4

建物基礎配筋検査・・・・・第3者機関(日本住宅保証検査機構)による検査

Step5

躯体検査・・・・・日本住宅保証検査機構による検査

Step6

建物中間検査・・・・・区役所もしくは、建築確認申請時の第3者機関

Step7

建物完了検査・・・・・区役所もしくは、建築確認申請時の第3者機関

Step7(フラット35等適用できる場合)

建物完了検査・・・・・日本住宅保証検査機構による検査

Step8

建物完了検査後・・・・・日本住宅保証検査機構より10年瑕疵保険証取得

Step9

検査完了後・・・・・ご購入者様へ住宅引渡(地盤および住宅の保証書および保険証を引き継ぎます)


地盤改良工事

杭打設状況










杭打設状況2



















地盤改良工事施工完了後地盤10年保証書を発行します。

建物基礎配筋検査

地盤改良工事(必要な場合)が完了すると

いよいよ、建物の建築工事が始まります。

弊社では、第3者機関の日本住宅保証検査機構(JIO)にて検査を実施しております。


基礎配筋検査 全景












基礎配筋検査 外周部












基礎配筋検査 出隅












基礎配筋検査 スラブ


躯体検査および中間検査

日本住宅保証検査機構(JIO)

建築確認申請機関

による躯体検査および中間検査(木造3階建の場合)必要となります。

躯体検査 全景










躯体検査 基礎










躯体検査 土台の基礎への緊結状況










躯体検査 柱脚金物










躯体検査 柱頭金物










躯体検査 横架材接合部










躯体検査 小屋組の施工状況










躯体検査 垂木の金物











その後、建築確認申請機関にて中間検査合格証取得

完了検査

日本住宅保証検査機構(JIO)の躯体検査合格

中間検査合格の後、順調に工事が進捗すると最後に完了検査を受けなければなりません。

検査に合格すると検査済証を取得できます。

また、10年瑕疵保険証券日本住宅保証検査機構(JIO)より発行して頂き

お客様に引き継ぎます。

10年瑕疵保険証券(サンプル)



▲このページのトップへ